英語塾/中高一貫/プログレス/トレジャー/大学受験/高校受験/英検/三田線/千石/山手線/巣鴨/駒込/文京区・豊島区・板橋区・北区・台東区・新宿区などから通塾可能

よくあるご質問

  • HOME »
  • よくあるご質問

Q1 : 授業時間の延長があるという噂を聞きますが…?

【A1】

平常授業は原則的に週1回、1コマ120分となります。 但し、これは「予定していた1コマ分のカリキュラムを消化するのに最低限必要な時間」という意味で設定しております。 つまり、120分では消化できない場合もありますので、その場合は授業を延長させていただきます。もちろん、都合が悪い場合はその限りではありませんし、追加料金などは一切必要ありません。

EMSでは、「授業時間:受講費」という考え方ではなく、「授業内容:受講費」という考え方をしております。授業終了時間が来たら、理解していようがしていまいが、「では、時間ですので終わりにします」などということはポリシーとして出来ません。 本人の時間が許す限り責任指導をさせていただいております。

但し、長時間やればいいというものでもありませんし、人間の集中力には限度がありますので、なるべく延長はしなように、120分強の授業時間が標準になるとお考えいただければ幸いです。

 

Q2 : 他塾との掛け持ちは可能ですか?

【A2】

もちろん可能です。EMSは英語専門の単科塾ですので、受講生のほとんどが他科目の塾や予備校と掛け持ちをしています。中学入試や高校入試の塾とは異なり、中学生・高校生以上は、科目ごとに自分に合った塾や予備校に通うのが普通です。

学校ではありませんから、皆様が自由にご自分の学習環境をお選び下さい。同一の塾で、すべての科目で素晴らしい講師と出会い、満足のいく指導が受けられるとは限りません。むしろそういったケースは稀であるとも言えます。ですから、自分に合わない講師や学習環境だと感じたのならば別を探せば良いだけの話です。素晴らしい塾や講師は、あまり多くはありませんが探せば必ず見つかるはずです。 数学は専門の塾で、物理は〇〇予備校の〇〇先生の授業を、古文は〇〇ゼミの〇〇先生の授業を、という形で必要なものだけを上手にチョイスしている受験生が良い結果を出す傾向にあります。

 

Q3 : 小学生でも大丈夫ですか?

【A3】

小学生でも受講はしていただけますが、基本的にはあまりお勧めしていません。外国語の力が母国語のそれを上回ることはありません。小学生の場合は、国語学習が何よりも優先されるべきものであり、今後の学習の基盤を決定付けるものとなります。母国語の基礎が築かれないまま英語学習を始めることは、言語習得の理論上、実は大変危険な要素も含んでいるのです。「早く始めた方が良い」という各種教育産業の洗脳や巷の風潮に流されて始めてはみたものの、その後、中学、高校に進学してから、逆に英語嫌いになってしまったというケースは山ほどあります。まずは、国語力の基礎を築き上げることをお勧めいたします。

個別にご相談いただき、英語学習に対するはっきりとした目的と、ご本人様のモチベーションが確認された場合のみ入室していただいているのが現状です。

EMSは、英語の根本理論を習得していただくことを大前提とした指導を実践しておりますので、いわゆる「英会話スクール」にありがちな、ネイティブのアルバイト講師による“お遊び的”な授業とは全く性質を異にします。

ネイティブ講師のお遊戯的な授業で、英語に対する興味を喚起したいというニーズであれば、そのような「英会話スクール」に通われることをお勧めいたします。また、NHK(Eテレ)の「えいごであそぼ」などは素晴らしいコンテンツなので、特に小学校低学年のお子様の場合は、そういったコンテンツなども活用して、親御様とご一緒に毎日楽しく英語と触れ合うことが大切です。

逆に、根本理論の習得を目指し、学習目標が明確な方に関しましては、小学生でも受講は大歓迎です。

ちなみに、「〇〇ちゃんは、小学生で英検〇級に合格した」などという話を聞いて、焦ってお問い合わせいただくお母様も大勢いらっしゃいますが、あまり気にされない方がよろしいかと存じます。英検は、バランスの取れた素晴らしいマテリアルではありますが、ある級に合格したからと言って、その子の英語力を測るバロメーターとして盲目的に信頼できるほどの代物ではありません。例を挙げれば、高校1年生の時に英検準2級に不合格だったある受講生は、その3年後に東京大学の学生になりましたし、「小6で英検3級に合格しているので、さらに難度の高い勉強をさせたい」という親御様の強い希望で入室されたある受講生は、実はbe動詞と一般動詞の区別すらできていなく、その後の学習で非常に苦労されたというケースもあります。全問マークシート4択の客観問題ですから、準2級くらいまででしたら、なんとなく丸暗記で合格できてしまうものです。「結果さえ良ければそれで良い」ということで目の前の一時的な結果だけを求めても、その後が悲惨なことになってしまったのでは本末転倒です。お子様の将来を、ある程度長いスパンで俯瞰し、今一度保護者様のお考えを整理された上でご相談いただけると幸いです。

 

Q4 : 受講費を教えて下さい。

【A4】

当ウェブページには複数の理由から、敢えて受講費を掲載しておりません。もちろん、受講費に関しましては、不透明な点は全くございません。よくある例ですが、受講費は一見割安に見えても、教材費、施設利用費、テスト代、添削費、などの名目で徴収し、結局はかなりの金額になっている場合があります。また、科目や分野によって講座を複数化し、「必須受講」などと言って相当な額の負担を要求してくる場合も多く見受けられます。その他、個別指導では、延長料金や講師指名料などまで要求されることがほとんどです。

EMSでは、学年による一律料金で設定し、月謝制をとっております。教材費などの諸経費はすべて含んでおりますし、どんなに延長しても一切延長料金なども必要ありません。月謝制は、毎月の振り込みのお手数をおかけいたしますが、年間前払い制による返金拒否などのリスクがありませんので、逆にご安心いただけると存じます。入室をご検討いただいている場合は、お問い合わせいただくか、資料をご請求下さいませ。受講費なども明記しております。

 

Q5 : 入室に関して基準などはあるのですか?

【A5】

入室をご検討いただいている場合は、ご本人様、保護者様と、EMS担当者による三者面談をさせていただきます。その際に、ご本人様にやる気が感じられない場合は、大変恐縮ではございますが、入室をお断りしております。また、完全1対1のマンツーマン指導ではありませんので、演習時に落ち着いて取り組めないような場合も入室をお断りしています。その他、全く反応をしないお子様や、他の受講生に迷惑をかけるような場合も入室していただけません。予めご了承下さい。逆に、三者面談で、ご本人様が「合わない」と感じられた場合は、保護者様の一存でご入室されることのなきようお願い申し上げます。EMSの授業は、お互いの信頼関係の上に成り立つものです。

一方で、学力による選抜などは一切行っておりません。現時点で、どんなに英語ができなくても、ご本人様に「何とかしたい」というやる気さえあれば、道は必ず開けます。現在の成績が悪い方ほど大歓迎です。我々と一緒に、英語という武器を手に入れて、現在見ているのとは違う未来を手に入れようではありませんか!EMS講師陣は、あらゆる手を模索しながら、「何としてでも英語をできるようにしてあげたい」という熱意の塊です。受講生1人1人に対して最大限のサポートをさせて頂く所存です。

EMSの理念と指導方針をご理解いただける皆様の入室を心よりお待ちしております。

 

Q6 : 無料体験授業はありますか?

【A6】

大手塾、予備校は勿論、ほとんどの塾で実施されている「無料体験授業」ですが、EMSでは基本的には行っておりません。塾選びをされている際に、「一度体験してみないと分からない」とお考えになるかもしれませんが、EMS会員の受講生の皆様の立場からすると、自分が受講している時に、新規生徒獲得のための体験授業などをやっていたら、如何なものでしょうか?

集団授業やグループでのレッスンであれば、その中に入れてしまえばいいだけの話ですが、EMSは、受講生1人1人に対して個別の教材を用意し、カリキュラムも全く異なる特殊な個別指導の授業形態ですので、現在会員の受講生の皆様を最優先にさせていただいております。

教室や講師の雰囲気などは、三者面談やアセスメントの際に感じていただけますので、その際にご判断いただければと存じます。

また、以前は体験授業を実施していたのですが、お約束の時間に遅れる方や、直前にキャンセルされる方など、心無い方もいらっしゃいましたので、受講生の皆様に対する影響も考慮して、体験授業は停止させていただいた、という経緯がございます。

ただ、入室を希望しているが、どうしても体験が必要であるとお考えの方もいらっしゃると思いますので、そのような場合は、1回のみ、1時間  3,240円で体験授業を実施させていただきます。有料ではございますが、それにより、お互いに責任が発生いたしますので、ご本人様におかれましても、「しっかりと判断しよう」という心構えで受講していただけるものと存じます。もちろん、通常の授業と同じように、個別に専用のテキスト・教材を作成し、EMSオリジナルのリスニングの演習も体験していただけます。必要な方は、お気軽にお申し付け下さい。体験授業を受講して、「合わない」と感じられた場合は、入室されませんようお願い致します。

EMSでは「一人でも多くの生徒を獲得しよう」という意識は持ち合わせておりません。

EMSは、紹介と口コミでの入室がほとんどですので、無闇に受講生を増やしてクオリティを低下させてしまい、信頼を裏切るわけにはいきません。目的意識と信頼を共有した受講生の皆様と共に、少人数で徹底的に英語力を鍛えて、生涯に渡って活用できる英語力という武器を身に付けていただく空間を創り上げていくことが目標です。

広告を乱発したり、主要な学校の登下校時に、文房具などのノベルティ・グッズをばら撒いて、不特定多数の生徒さんを1人でも多く集めようとしている塾や予備校とは、目標が異なることをご理解いただけますと幸いです。

EMS NEWS
TOP PAGE
指導理念
授業形式
よくあるご質問
アクセス
お問い合わせ
ブログ
PAGETOP